ニュース
» 2016年05月26日 18時00分 UPDATE

AWS利用のIoT環境を最短1カ月で構築、富士ソフトが提供

富士ソフトがAWS(Amazon Web Services)を利用した、IoTプラットフォームの提供を開始する。ハードウェアからクラウドまでのIoT環境構築を最短1カ月で行う。

[MONOist]

 富士ソフトは2016年5月26日、AWS(Amazon Web Services)を利用したIoTプラットフォームの提供を同年6月1日より開始すると発表した。ハードウェアからクラウドまでの環境構築を最短1カ月で行う。

photo 赤い点線で囲まれているのが富士ソフトの提供範囲

 AWSが用意するさまざまなサービスを同社が事前に分析、導入企業が提供を意図するサービスにマッチする最適な構成を事前に用意することで、最短1カ月でのデータ収集から蓄積、分析といったIoT環境の構築を可能にする。提供する範囲はAWSに接続されるゲートウェイにも及び、HTTPSはもちろん、MQTTなどのプロトコル/サービスに対応したシステムを提供する。

 初期導入費用は個別見積もりで、AWSの利用料金は月額7万円より。同社では2017年度末までに20社への導入を見込む。

関連キーワード

IoT | 富士ソフト | Amazon Web Services | HTTPS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.