Special
» 2016年05月27日 10時00分 UPDATE

3400を超える商談数、参加企業からの高い評価:日本の高品質要求に応える企業が参集――「日韓中小企業商談会」の魅力とは

来る2016年6月23日、東京で「第26回 日韓中小企業商談会」が開催される。この商談会は2003年から毎年、日韓で開催されてきたもの。第25回までの商談数は3400を超え、両国参加者の評価は非常に高い。なぜ長年にわたって開催され数多くの商談を生み出しているのか、どのような魅力があるのかなど、海外取引を模索する中小企業にとって興味のあるところを、主催者と参加経験者が語り合った。

[PR/MONOist]
PR

 今回で26回目となる日韓中小企業商談会は、なぜ参加者からの評価が高いのか。商談会を長年企画・運営している、日韓産業技術協力財団 事業第三部長の初瀬川茂氏、商談会のアフターフォローや日韓中小企業の個別商談事業を担当している、同財団 日韓中小企業情報交流センター(JK-BIC)課長の杉原景氏、約10年にわたりこの商談会に日本企業として参加している、ワイティーエル 取締役の瀬尾和隆氏、運営事務局や面談のコーディネートなど商談会を支援している三菱UFJリサーチ&コンサルティング コンサルティング・国際事業本部 国際本部 国際営業部 部長代理の則長美穂氏が、日韓中小企業商談会の特徴や魅力を明らかにする。

前回の日韓中小企業商談会の様子 前回の日韓中小企業商談会の様子

モチベーション高い企業を誘致し、商談をコーディネート

則長 まず初瀬川さんから「日韓産業技術協力財団」の活動について、ご紹介いただけますか。

日韓産業技術協力財団 事業第三部長の初瀬川茂氏 日韓産業技術協力財団 事業第三部長の初瀬川茂氏

初瀬川 はい。日韓産業技術協力財団は1992年に日韓両国政府の合意により設立された組織で、韓国側の「韓日産業技術協力財団」と連携して、日韓中小企業の交流事業を展開しています。それぞれが自国の利益を優先するのではなく、日韓両国の利益を尊重して活動をしている点が特徴です。

 「日韓中小企業商談会」は、われわれの活動の柱の一つで、2003年から毎年日韓双方で開催しており、今回で26回目となります。商談会の場だけでなく、「日韓中小企業情報交流センター(JK-BIC)」という個別商談支援事業も行っており、韓国企業の発掘や調査、韓国側との連絡調整、商談・貿易に関するアドバイスなど、各社個別のニーズに常時対応しています。

則長 最近は東南アジアが注目されている傾向にありますが、韓国とのビジネスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

日韓産業技術協力財団 日韓中小企業情報交流センター(JK-BIC)課長の杉原景氏 日韓産業技術協力財団 日韓中小企業情報交流センター(JK-BIC)課長の杉原景氏

杉原 韓国企業はかつて、先進国の中でも特に日本企業をお手本にしてきました。そのため、生産管理方式や検査機器、品質基準など、日本企業と共通する部分が多く、仕事を進めやすいのです。日本語で対応できる企業も多いですし、地理的にも近く、トップダウンで決断が速いことも韓国企業の特徴です。

則長 瀬尾さんはこの商談会にも度々参加され、多くの韓国企業との取引経験をお持ちですが、どのように感じていますか。

瀬尾 現地の工場にすぐ足を運べる近さは大きなメリットですね。ビジネスをする上で一番重要なのは相性だと思いますが、心理的に近いことも魅力です。友好的な韓国の方々と「一緒に頑張ろう」という協力関係ができると、よりよい製品作りのパートナーになると実感しています。

 当社の製品は、粉塵が多い所等劣悪な環境下や、高信頼性などが大前提ですが、特にこの商談会で出会った韓国企業は、コスト的なメリットもありながら、要求する品質を維持してくれています。

則長 高品質でコスト競争力を持った企業が集まっているということですね。初瀬川さん、有力な韓国企業をどのように誘致しているのですか。

初瀬川 毎回、両国の経済状況や日韓ビジネスのニーズ、長年のマッチング実績を踏まえて、韓国側の財団と十分に議論し、韓国全土から企業を募集、選定しています。日本側の募集も、選定した韓国企業のビジネスに呼応する企業に対して行っています。

 われわれの商談会は、自由にブースを見ていただくという方法ではなく、事前に面談希望の企業を申し込んでいただき、30〜60分程度の面談スケジュールを組んで、有意義な商談をしていただいています。前もって双方に情報を提供しますので、各社とも十分に準備をして、目的を持って参加してくださっています。

則長 双方の企業がそれだけモチベーション高く参加しておられるということですね。運営事務局では、開催後に書面や電話で参加者にアンケートを実施していますが、取引を前提とした関係づくりができたとお喜びの声を多くうかがっています。

初瀬川 瀬尾さんのように、リピーター企業も多いですよね。特に今回の商談会は、韓国企業が日本に売り込むだけでなく、日本から製品・部品や技術などを輸入したい韓国企業も多く参加しますので、日本企業にとって魅力的な機会になると思います。

事前説明会、アフターフォロー、個別相談も充実

ワイティーエル 取締役の瀬尾和隆氏 ワイティーエル 取締役の瀬尾和隆氏

則長 商談会では全ての企業と初対面ということになりますが、瀬尾さんは実際どのように商談を進めておられますか。

瀬尾 参考になる図面やサンプルを持って会場に行きます。韓国企業の設備や加工精度などの話を聞きながら、こちらが調達したいものを期待する品質で作ってもらえるか、仮に不良があってもきちんと対応してもらえるか、企業風土や取組みはどうかなど、まず当社との相性を見極めるようにしています。

 限られた時間ですから、私はその場で成約することはありません。取引ができそうだと思ったら、後日実際にその会社を訪問して、製造ラインを見せていただいたり、技術者と話をしたりしています。現場に行くのが一番分かりやすいですからね。

則長 商談会は、まず出会い、相手を知る機会ということですね。杉原さんも会場で参加者のサポートにあたっていますが、アフターフォローが充実していることもこの商談会の魅力だと思います。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング コンサルティング・国際事業本部 国際本部 国際営業部 部長代理の則長美穂氏 三菱UFJリサーチ&コンサルティング コンサルティング・国際事業本部 国際本部 国際営業部 部長代理の則長美穂氏

杉原 そうですね。韓国との取引がまったく初めての方も多いので、商談会の会場でも、また開催後も、個別のお問い合わせをお受けしています。商談会とは別に韓国企業への個別訪問をアレンジしたり、現地に同行することもあります。私はJK-BICを8年担当しており、これまで約800件のご相談に対応してきましたし、私自身も製造業や商社に勤務していた経験があり、両国企業のニーズや貿易実務もよく理解していますので、お力になれると思います。

瀬尾 三菱UFJリサーチ&コンサルティングさんも、両国の企業についてとても詳しいですよね。各社の強みや、新規事業、研究開発などの情報も多くお持ちなので機会が広がります。自分だけでは見つけられない企業と出会えますし、事務局側から面談を提案してもらったこともあります。待合室や交流会など、日本企業同士で情報交換ができるのも魅力ですね。現地を訪問したときの話や、韓国企業との取引について上司をどう説得したかなど、かなり具体的な話も聞くことができます。

初瀬川 商談会はきっかけ作りですから、出会いのチャンスはなるべく増やしたいと思って運営しています。予約をしていない韓国企業にも、時間の調整ができれば面談していただけますし、初めて参加した方でも日本企業同士や韓国企業との交流を促すよう、さまざまな場を用意しています。無料で通訳も付きますので、安心して参加いただけると思います。

則長 きめ細やかで、血の通った商談会だからこそ、参加者にご満足いただけるのですね。リピーターが多いのもうなずけます。

商談会に参加するかどうか迷っていらっしゃる方、どのような準備をするか不安な方もいらっしゃると思うのですが、初瀬川さんからメッセージをいただけますか。

初瀬川 はい。今年の日韓中小企業商談会は、6月23日に品川で開催されますが、それに先立ち「事前説明会」を開催します。商談会参加に関する説明のほか、各種ご相談にも応じますので、まず事前説明会にご参加ください。

 目的意識を持って参加すれば、必ず得るものがある商談会です。韓国企業とのビジネスの機会、またネットワーク作りに役立てていただけると思います。

photo

第26回日韓中小企業商談会 開催のお知らせ

〜海外調達は、実績のある商談会のご活用を〜
『第26回日韓中小企業商談会』を6月23日(木)東京で開催(要申込)

催事名:第26回 日韓中小企業商談会
開催日時:2016(平成28)年6月23日(木)  10:00〜17:30
商談会会場:品川プリンスホテル メインタワー 15階「トパーズ15」 

>>お申し込みは下記ページから<<

第26回日韓中小企業商談会

http://manet.murc.jp/sp/1604/shodan_k26/

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:一般財団法人日韓産業技術協力財団
アイティメディア営業企画/制作:MONOist 編集部/掲載内容有効期限:2016年6月30日

第26回日韓中小企業商談会 開催のお知らせ
〜海外調達は、実績のある商談会のご活用を〜
催事名 第26回 日韓中小企業商談会
開催日時 2016(平成28)年6月23日(木)
10:00〜17:30
商談会会場 品川プリンスホテル
メインタワー 15階「トパーズ15」
>>お申し込みは下記ページから<<
第26回日韓中小企業商談会