ニュース
» 2016年05月27日 08時00分 UPDATE

人とくるまのテクノロジー展2016:「BMW7シリーズ」の世界最大画角ヘッドアップディスプレイ、日本精機が展示

日本精機は、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、BMWの「7シリーズ」に採用されているヘッドアップディスプレイ(HUD)を展示した。量産車に搭載されているHUDとして画角は最大だという。

[朴尚洙,MONOist]

 日本精機は、「人とくるまのテクノロジー展2016」(2016年5月25〜27日、パシフィコ横浜)において、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に採用されているヘッドアップディスプレイ(HUD)を展示した。量産車に搭載されているHUDとしては画角は最大だという。

日本精機が展示したBMW「7シリーズ」に採用されたHUD 日本精機が展示したBMW「7シリーズ」に採用されたHUD(クリックで拡大)

 このHUDは、高級車の7シリーズにふさわしく大型サイズのフルカラー表示となっている。画面サイズは、ドライバーのアイポイントから2.4m先で12.5インチ相当になるという。画角は横方向で7度、縦方向で3度である。

 日本精機は2000年にGeneral Motors(GM)向けに採用されて以降、HUDで高い採用実績を誇る。2015年7月には累計販売台数が250万台を突破しており、世界トップシェアだという。

新型「シビック」のメータークラスタ新型「エスクード」のメータークラスタ この他、新型車に採用されたメータークラスタも展示。ホンダの新型「シビック」(左)とスズキの新型「エスクード」のメータークラスタ(クリックで拡大)
人とくるまのテクノロジー展2016 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.