ニュース
» 2016年05月27日 07時00分 UPDATE

FAニュース:製造業向けにIoT導入を支援するクラウド型サービスを提供開始

NTTコミュニケーションズは、製造業向けに「IoT Platform Factory パッケージ」の提供を開始した。データ収集・分析アプリケーション、ネットワーク、プライベートクラウド、産業機器やセンサー類に接続するデバイスをまとめて提供する。

[MONOist]

 NTTコミュニケーションズは2016年5月16日、製造業向けに「IoT Platform Factory パッケージ」の提供を開始した。同社が提案を進める「IoT Platform」サービスの第1弾となるもので、今後、自動車向けパッケージや各種機器・製品向けパッケージを順次提供していく。

 今回提供を開始したIoT Platform Factory パッケージでは、IoTの導入に必要なデータ収集・分析アプリケーション、ネットワーク、プライベートクラウド、産業機器やセンサー類に接続するデバイスをまとめて提供する。

 具体的には、産業機器やセンサー類から取得したデータを、同社のクラウド基盤「Enterprise Cloud」に集積。工場間や工場と本社オフィス間などでのデータ共有・活用を可能にした。各工場の稼働状況などを1カ所に集約してモニタリングできるため、モニタリング要員を配置する必要がなく、リソース配分の効率化にもつながるという。

 セキュリティ面では、インターネットを介さない企業向けモバイルネットワークを接続回線に採用。プライベートクラウドに直結して重要な情報を処理するため、セキュアなIoT環境を可能にした。また、接続回線はモバイルのため、短期間で導入できる。

 さらに、同パッケージには、シュナイダーエレクトリックの「Vijeo Citect」とジェイティ エンジニアリングの「JoyWatcher」という2つの産業制御システムも組み込まれた。アプリケーションについては、今後も追加する予定だ。

 メニューは3種で、月額費用は「Vijeo Citectプラン」が3万4200円から、「JoyWatcherプラン」が2万2450円から、「Basicプラン」が2万2450円からとなっている。

photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.