ニュース
» 2016年05月27日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:設計データ管理システムとして採用されたPLM

米マイクロソフトのDevice Divisionが、同社製品のサプライチェーンを統合したライブラリ、設計データ管理システムとして、図研のPLMソフト「DS-2」を採用した。

[MONOist]

 図研は2016年5月10日、米マイクロソフトのDevice Divisionが、同社製品のサプライチェーンを統合したライブラリ、設計データ管理システムとして、図研のPLMソフト「DS-2」を採用したと発表した。

 マイクロソフトのDevice Divisionは「Surface」や「Xbox」「Band」「HoloLens」「Phones」などの製品群を開発する部門だ。製品ポートフォリオが拡大する中で、設計品質の向上と開発サイクルを短縮するためには、各製品群をまたいだ電気設計CADデータの再利用や共有が必要であると判断した。また、サプライチェーンで発生する、開発期間や製造性に影響するさまざまな要因を、できるだけ早く把握することが必要であると考えていた。

 マイクロソフトDevice Divisionでは、DS-2導入により、製品間を統合したサプライチェーンが最適化され、設計者がその情報を設計段階ですぐに生かすことが可能になったという。

関連キーワード

PLM | CAD | 製造IT導入事例


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.