ニュース
» 2016年05月27日 17時30分 UPDATE

図研「CR-8000」、JVCケンウッドの仮想化環境で運用開始

図研の電気CAD「CR-8000」がJVCケンウッドの仮想化環境で運用開始された。従来環境と比べても遜色ないパフォーマンスを達成したという。

[MONOist]
JVCケンウッドにおけるCR-8000のVDI運用構成概略図 JVCケンウッドにおけるCR-8000のVDI運用構成概略図(出展:図研)

 図研は2016年5月26日、同社電気CAD「CR-8000」がJVCケンウッドの仮想化環境においても既存環境下と同様のパフォーマンスで稼働することを確認したと発表した。国内4箇所の設計拠点におけるCAD環境を仮想化、実運用も開始されている。

 JVCケンウッドは既にCR-8000シリーズを実際の設計業務に利用しているが、各種CADシステム/回路設計データ/基板設計データ/製造データ/部品データ全ての運用を仮想化しての実運用は今回が初であるという。

 CAD環境の仮想化はデータセキュリティや端末メンテナンスなどの観点から導入が期待されている分野であるが、3Dデータを含むことも多いCADデータは大容量であるため仮想環境下でのパフォーマンス確保が欠かせないとされている。

 仮想環境構築は兼松エレクトロニクスが担当したが、CAD側にチューニングを施す事なく、実運用に耐えるパフォーマンスを達成したとしており、JVCケンウッドもVDI化を関連会社や海外設計拠点にも展開してきたいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.