ニュース
» 2016年05月30日 07時00分 UPDATE

FAニュース:高効率冷却システムで毎秒600文字の印字が可能なCO2レーザーマーカー

日立産機システムは、冷却システムの効率化を図り印字を高速化・安定化させたCO2レーザーマーカー「LM-C300」シリーズを発表した。毎秒600文字を印字できる。

[MONOist]

 日立産機システムは2016年5月12日、高効率冷却システムの採用により印字を高速・高品質にしたCO2レーザーマーカー「LM-C300」シリーズを発表した。使用するうちに熱を帯びてくるレーザー発振器を効率よく冷却することにより、レーザー出力を従来よりも安定させた。毎秒600文字の印字が可能になったとしている。

 CO2レーザーマーカーは、食品、飲料、化粧品、薬品、電子部品、自動車部品などに日付やロット番号などを印字する産業用マーキング装置。産業用印字のニーズが多様化する中、より多くのニーズに対応できるように「LM-C300」シリーズを開発したという。

 同シリーズにはレーザー出力10Wと30Wのラインアップがあり、幅広い印字エリアを選択できる。保護構造IP54を標準装備しているため、過酷な使用環境においても鮮明に印字可能だ。また、レーザーマーカーのヘッド部分にコントローラー(制御部)を内蔵することにより、本体サイズを小型化した。さらに、レーザーのレンズ取り付け位置変更により、レーザー照射方向を変更できるように設計している。

 レーザー出力10Wタイプとしては「LM-C310S」「LM-C310P」の2モデルがあり、本体サイズは196×698×148mm、重量17kg。レーザー出力30Wタイプには「LM-C330S」「LM-C330P」の2モデルが用意され、本体サイズが216×709×179mm、重量25kg。いずれもレーザー波長は10.6μm。英数字、片仮名、平仮名、漢字、記号、バーコード、2次元コード、ロゴデータなどの印字が可能だ。2016年6月から販売開始の予定となっている。

photo CO2レーザーマーカー「LM-C300」シリーズ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

冷却 | 日立産機システム | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.