ニュース
» 2016年06月01日 12時15分 UPDATE

3Dプリンタニュース:金属3Dプリンタ導入支援サービス、精度検証や造形体験など提供

オリックス・レンテックが金属3Dプリンタの導入を検討している企業を対象にした、導入支援サービスを開始。独 EOS製「M290」の精度や工程を体感できる。

[渡邊宏,MONOist]
(出典:EOS/提供:NTTデータエンジニアリングシステムズ) 「EOS M290」(出典:EOS/提供:NTTデータエンジニアリングシステムズ)

 オリックス・レンテックは2016年5月31日、金属3Dプリンタの導入を検討している企業を対象にした、導入支援サービスを開始したと発表した。

 この導入支援サービスは同社所有の金属3Dプリンタ「M290」(独 EOS製)を利用し、「ベンチマークレポート」(委託された造形のベンチマーク)と「実機検証サービス」(導入検討企業スタッフに向けた体験サービス)を提供する。

 ベンチマークレポートでは同社がM290を用いて検討企業の造形を行い、造形結果や造形家庭、サポート材設計の詳細報告などを行う。造形品は依頼企業に提供される。実機導入サービスでは造形データ作成や材料投入、ベースプレート取り外し/切断、簡易仕上げなどといった造形過程を体験できる。

 独 EOS製 M290は250×250×325mmの造形領域を持つ金属3Dプリンタで、利用可能な材料はマルエージング鋼やステンレス合金、コバルトクロムモリブデン合金など。同社ではNTTデータエンジニアリングシステムズと共同で、2015年5月よりM290による造形受託サービスを提供している。

関連キーワード

3Dプリンタ | 3Dプリンタニュース


ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.