ニュース
» 2016年06月06日 07時00分 UPDATE

FAニュース:基本システムの二重化で継続運転を可能にした汎用シーケンサ

三菱電機は、汎用シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」の新製品「二重化シーケンサ」を発売した。基本システムを二重化したことで、制御系で異常が発生した場合でも、自動的に待機系に切り替わり、運転を継続できる。

[MONOist]

 三菱電機は2016年5月31日、汎用シーケンサ(プログラマブルコントローラー)「MELSEC iQ-R」シリーズの新製品として、「二重化シーケンサ」を発売した。プロセスCPUと二重化機能ユニットを組み合わせることで、冗長機能を強化し、継続運転と操作性、メンテナンス性を高めた。

 今回発売された新製品は、CPUユニット/電源ユニット/基本ベースユニット/ネットワークユニットから成る基本システムを二重化した。これにより、制御系で故障や電源オフなどの異常が発生した場合でも、自動的に待機系に切り替わり、運転を継続できる。また、トラッキングケーブル/CC-Link IEフィールドネットワークのリモートヘッドユニットとネットワークケーブルを二重化したことで、システムの信頼性を向上させた。

 プロセスCPUのプログラム容量は最大1200Kステップで、従来の「MELSEC-Q」シリーズの二重化シーケンサに比べて約5倍に拡大している。同時に、トラッキング容量を約10倍にし、大規模システムの構築にも対応可能にした。系切り替え時の出力保持時間は100ms以下で、高速制御用途にも適用できる。CPUユニット交換時には、既設CPUユニットのプログラム・パラメータを新設CPUユニットに自動コピーできる。

 プロセスCPUの価格は、プログラム容量80Kステップが27万円、同160Kステップが50万円、同320Kステップが60万円、同1200Kステップが80万円(いずれも税別)。二重化機能ユニットは15万円(税別)となっている。

photo MELSEC iQ-Rシリーズ 二重化シーケンサ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

シーケンサー | 三菱電機 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.