ニュース
» 2016年06月06日 12時00分 UPDATE

医療機器 メルマガ 編集後記:超高齢化社会の日本を襲う「ロコモ」

発音的にはロコモコ丼っぽくてかわいい感じですが、怖いんです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2016年6月6日発行の「医療機器 メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


超高齢化社会の日本を襲う「ロコモ」

 ロコモーティブシンドロームという言葉をご存じでしょうか。運動器の障害のため自立度が低下し、介護が必要となる危険性の高い状態で、日本語では「運動器症候群」となります。

 高齢化社会を超える「超高齢化社会」に突入した日本では、単なる寿命ではなく、介護のいらない健康な状態を維持できている「健康寿命」を延ばすことが重要とされています。この健康寿命と大きく関わってくるのがロコモーティブシンドロームというわけです。

 厚生労働省は2013年度からスタートした「健康日本21(第二次)」で、ロコモーティブシンドロームが社会問題であることを国民に広く理解してもらうため、まずは認知度を高めるところから取り組んでいます。その略称として使われているのが「ロコモ」です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.