ニュース
» 2016年06月14日 16時00分 UPDATE

除染除去物の定期点検をドローンで、「実用レベルで日本初」の規模

福島県南相馬市で行われいる除染作業で発生した除染除去物、その監視にドローンが利用される。1箇所3000平方メートルの置き場を上空から監視、置き場は160箇所まで増える予定。

[渡邊宏,MONOist]

 エアロセンスは2016年6月14日、福島県南相馬市で行われている除染事業において、ドローンを利用しての点検業務を開始したと発表した。およそ1年間に渡り、上空から除染除去物の監視を行う。

photo 上空からの除染除去物点検(出展:エアロセンス)

 福島県南相馬市にて、竹中工務店、竹中土木、安藤ハザマ、千代田テクノルが構成する共同企業体が行っている除染事業で発生した除染除去物は、市内各所の置き場に格納され、通気性防水シートで覆われる。

photo

 シートは経年劣化や鳥獣被害を受けてしまうために目視点検が必要であり、ドローンが上空から点検を行う。シートで覆われた区画の広さは1つ約3000平方メートル、最終的にはこの区画が160箇所まで増える計画となっており、この規模をドローンが定期運行して業務にあたるのは「実用レベルで日本初」(同社)だという。

 産業レベルにおけるドローンの利用分野としては、物流や災害対応、測量、監視などが検討されているが、中でも測量や監視といったカメラを搭載してのアプリケーションが有望視されている。数社が既に参入を表明しており、エアロセンスもその中の1社だ。

関連キーワード

産業用ドローン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.