ニュース
» 2016年06月15日 07時00分 UPDATE

FAニュース:高速処理CPU搭載のモーションコントローラーを開発

山洋電気は、モーションコントローラー「SANMOTION C」に高速フィールドバスEtherCATインタフェースを搭載し、CPUの処理能力を高めたモデルを開発した。1台のコントローラーで2台の6軸多関節ロボットを制御できる。

[MONOist]

 山洋電気は2016年6月1日、同社のモーションコントローラー「SANMOTION C」に、高速フィールドバスEtherCATインタフェースを搭載し、CPUの処理能力を高めた新モデルを発表した。ロボット、搬送装置、半導体製造装置、一般産業機器などの用途に向ける。

 同製品は、1台のコントローラーで2台の6軸多関節ロボットを制御可能。同社従来品に比べて約2倍の処理能力を備えている。また、100Mbpsの高速通信ができるフィールドバスにより、高速で高精度な制御が可能になった。

 型番はSMC263XとSMC265Xで、SMC263Xは1.6GHz、SMC265Xは1.8GHzのCPUクロックを搭載している。どちらもインタフェースはEtherCAT(100Mbps)、CAN (125Kbps〜1Mbps)、イーサネット(10/100Mbps)を搭載。価格はオープンプライスとなっており、同年6月15日の発売を予定している。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

CPU | FAニュース | イーサネット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.