ニュース
» 2016年06月21日 07時00分 UPDATE

FAニュース:タブレット端末を活用した自動車の商談支援システムを構築

日立製作所は、富士重工業と共同で、タブレット端末を活用した商談支援システム「SUBARU Sales Support システム」を構築した。カスタマイズ車両の3D画像の提示や、来店から注文までのワンストップ対応が可能になる。

[MONOist]

 日立製作所は2016年6月3日、富士重工業と共同で、タブレット端末を活用した商談支援システム「SUBARU Sales Support システム」を構築したと発表した。同システムにより、カスタマイズ車両の3D画像の提示や、来店から注文までのワンストップ対応が可能になるという。

 具体的には、タブレット端末に顧客の要望条件を入力すると、見積価格と3D画像によるカスタマイズ車両の外観や使用シーンのイメージが瞬時に表示される。画像は360度回転し、さまざまな角度から車両の外観や内装を確認できる。

 また、タブレット端末上で商談を進めることができるので、来店から試乗、見積もり、注文書作成までを迅速に対応できるという。タブレット端末は持ち運びが可能で、店舗内だけでなく、顧客の自宅や勤務先、外部のイベント会場など、場所を選ばずに提案・商談ができる。

 システムの構築には、構想段階で日立の顧客協創活動「Exアプローチ」を活用した。Exアプローチとは、ユーザーと共に課題や問題を解決しながら、実際の使用時に得られる質の高い経験価値を創出する実践活動。同システムの構築の際には、セールススタッフへのインタビューや実地調査によるニーズ整理などを行い、具体的なカスタマイズ車両イメージの提示など、ニーズに合った機能や要件を明確にした。

 富士重工業では、2016年8月までに、全国のスバル特約店で利用を開始する予定としている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

富士重工業 | 日立製作所 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.