ニュース
» 2016年06月24日 12時00分 UPDATE

エコカー技術:新型「フリード」が2016年秋に登場、排気量1.0lターボを搭載か

ホンダは2016年6月24日、同年秋の発売を予定している新型「FREED(フリード)」の情報をWebサイトで公開した。1モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBIRD i-DCD」の他、排気量1.0lの直噴ターボガソリンエンジンの搭載も予想されている。

[朴尚洙,MONOist]

 ホンダは2016年6月24日、同年秋の発売を予定している新型「FREED(フリード)」の情報をWebサイトで公開した。

新型「フリード」の外観 新型「フリード」の外観(クリックで拡大) 出典:ホンダ
現行「フリード」のフロントクオータービュー現行「フリード」のリアクオータービュー 現行「フリード」のフロントクオータービュー(左)とリアクオータービュー(右)。新型のヘッドランプは現行モデルと比べて薄型になり横方向に伸びた(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 2008年発売のフリードは、コンパクトカーより広く、5ナンバーミニバンほど大きくないという「ちょうどいい」をコンセプトにファミリー層を中心に幅広く支持されてきた。競合車種となるトヨタ自動車の「シエンタ」が2015年7月にフルモデルチェンジして販売が好調なこともあり、新型フリードの登場も望まれていた。

 現時点で新型フリードについては「居住性、燃費性能、走行性能などさらに進化して登場」とだけ発表されている。シエンタはハイブリッドモデルが好評であり、現行フリードのハイブリッドモデルは、旧式のハイブリッドシステム「IMA」だが、新型では「フィット」などに採用している「SPORT HYBIRD i-DCD」に置き換えられるとみられる。

 またホンダは現在、直噴ターボガソリンエンジン「VTEC TURBO」の搭載を拡大しているが、新型フリードでは排気量1.0lのVTEC TURBOの搭載も予想されている。既に次期「シビック ハッチバック」への搭載も予告されているエンジンだ。

 ミニバン「ステップワゴン」で排気量1.5lのVTEC TURBOを搭載したことを考えると、新型フリードに最適なエンジンといえるかもしれない。

排気量1.0lの「VTEC TURBO」 排気量1.0lの「VTEC TURBO」(クリックで拡大) 出典:ホンダ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.