特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年06月29日 08時00分 UPDATE

製造業IoT:「SQL Server 2016」で産業用ロボットの故障予兆分析、ISIDがサービス展開へ (1/2)

日本マイクロソフトは東京都内でデータベースプラットフォーム「SQL Server 2016」の説明会を開催。同会では、電通国際情報サービス(ISID)から、SQL Server 2016を活用した産業用ロボットの故障予兆分析サービスについて説明があった。

[朴尚洙,MONOist]
ISIDの荻野博裕樹氏 ISIDの荻野博裕樹氏

 日本マイクロソフトは2016年6月28日、東京都内でデータベースプラットフォーム「SQL Server 2016」の説明会を開催。同会では、電通国際情報サービス(ISID)から、SQL Server 2016を活用した産業用ロボットの故障予兆分析サービスについて説明があった。

 ISID 戦略ビジネス推進本部 データサイエンス・イニシアティブ・ユニット データサイエンス営業推進部 アシスタントマネージャーの荻野博裕樹氏は「設備保全にはさまざまな課題がある中、当社は故障予兆技術によってダウンタイムにいる経済的な損失を防ぐ取り組みを進めている」と語る。

設備保全の課題とISIDの取り組み 設備保全の課題とISIDの取り組み(クリックで拡大) 出典:ISID

 同社は2013年12月に、米国の産学連携拠点の1つであるIMSセンターからスピンアウトしたベンチャー企業のPredictronics(プレディクトロニクス)と提携。プレディクトロニクスは、さまざまな製品/装置などの故障予兆分析の技術を有しており、ISIDはプレディクトロニクスの技術を顧客のプラットフォームに組み込むなどしている。現在までに、国内の大手製造業向けで既に20社以上の実績があるという。

ISIDはプレディクトロニクスとの提携で故障予兆分析の技術を提供している ISIDはプレディクトロニクスとの提携で故障予兆分析の技術を提供している(クリックで拡大) 出典:ISID

 ただし事業展開としては、プレディクトロニクスの技術を基にした、数値解析ソフトの「MATLAB」で構築した故障予兆分析アルゴリズムの提供が中心であり「故障予兆サービス」の提供に放っていなかった。「大手製造業であれば、アルゴリズムを顧客のプラットフォームに組み込んで行くという手法でも対応できる余力がある。しかし、中小の製造業からは『ぜひアプリケーションやサービスとして提供してほしい』という要望が強かった」(荻野氏)という。

 説明会で紹介した「Predictive Maintenance for Robot on SQL Server 2016(以下、PM4R on SQL Server 2016)」は、プレディクトロニクスの技術をSQL Server 2016で加わった新機能を使って、産業用ロボットアームのモーター故障予兆分析プラットフォームとしてサービス化したものだ。

「PM4R on SQL Server 2016」のサービスの全体像 「PM4R on SQL Server 2016」のサービスの全体像。将来的にはクラウドの活用も視野に入れている(クリックで拡大) 出典:ISID
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.