ニュース
» 2016年06月30日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:製造管理システム機能を追加したソリューションを発売

NECは、IFSのERPパッケージ「IFS Applications」に、製造実行管理システムMESの機能を追加した、製造管理ソリューション「IFS Applications for MES」を発売した。

[MONOist]

 NECは2016年6月14日、スウェーデンのIFSが提供するERPパッケージ「IFS Applications」に、製造実行管理システムMES(Manufacturing Execution System)の機能を追加した、製造管理ソリューション「IFS Applications for MES」の販売を開始した。

 IFS Applicationsは、世界で2400社以上の導入実績があるERPパッケージ。これにMESの機能を追加することで、生産資源の配分と監視や作業のスケジューリング、差し立て・製造指示などのMESの11機能と、生産活動に関わる5M情報(

Man:人/Machine:設備・治工具/Material:製品・部品/Method:作業手順/Measurement:測定・検査項目)の一元管理を可能にした。

 これにより、ライン長、工場長、経営層といった階層ごとに必要な情報を可視化・分析でき、スループットが向上するという。見込み生産、受注生産、後補充生産などのさまざまな生産形態にも対応するため、PUSH型生産からPULL型生産への変更や、それに伴うストックポイントの変更など、現場の効率化に伴う業務改善に迅速に対応できる。

 また、必要な機能の選択導入や段階的な導入が可能で、製造の中心的なラインから導入し、効果を確認しながら拡張することもできる。

 さらに、同社の「NEC Industrial IoT」を組み合わせることで、センサーやロボットなどから製造現場の実績情報をリアルタイムに収集・可視化。解決策の早期立案を支援する。

 価格は最小構成で3000万円(税別)から。提供開始は2016年9月を予定している。

photo

関連キーワード

NEC(日本電気) | ERP | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.