ニュース
» 2016年06月30日 13時00分 UPDATE

国内介護ロボット市場、2020年に150億円規模へ

離床や移動をロボット技術で支援する「介護ロボット」。国内市場は2015年度に前年度比549%となる10億7600億円となり、2020年度には149億円を超えるとの予測。矢野経済研究所調べ。

[渡邊宏,MONOist]
国内介護ロボット市場規模予測と推移(出展:矢野経済研究所) 国内介護ロボット市場規模予測と推移(出展:矢野経済研究所)

 介護ロボットの国内市場規模は2020年度に150億円に迫り、装着型や移動支援型はもちろん、見守りや排せつの支援型についても市場が構成される――。

 矢野経済研究所が2016年6月30日に発表した市場調査資料「介護ロボットの可能性と将来性 2016」では、高齢化社会を迎える日本の成長産業の1つとして介護ロボットを挙げている。

 調査は2016年3月から6月にかけて行われ、国内介護ロボットメーカーやその研究開発企業、関連団体、関係省庁に対して直接面談や電話などによるヒアリングにて行い、調査文献も併用した。

装着型ロボットによる離床支援 装着型ロボットによる離床支援

 調査結果によると2015年度の国内介護ロボット市場は前年度比549%となる10億7600億円。この要因としてはサイバーダイン「HAL」のような装着型ロボットや移動支援、見守り支援を始めとした各種介護ロボットが市場に登場したことを挙げており、2016年度もその傾向は変わらず成長すると予測している。

 今後は屋内移動支援や入浴介助といった用途に向けたロボットの登場も見込まれることから、調査報告書では2020年度に国内市場規模が149億5000万円(メーカー出荷金額ベース)まで拡大するだろうとしているが、「メーカーとユーザーが協力して効果の出る使い方を作り出し、定着させていけるか」が成長を呼ぶための普及の鍵だろうとも書き添えている。

関連キーワード

ロボット開発 | 介護 | 市場調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.