ニュース
» 2016年07月01日 12時00分 UPDATE

「Armadillo-IoT」で“すぐ”使えるリモート運用管理サービス

アットマークテクノは同社IoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」シリーズ専用のリモート管理運用サービス「node-eye」の提供を開始した。死活監視など利用頻度の高いサービスをすぐに利用できる。

[MONOist]

 アットマークテクノは2016年7月1日、同社IoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」シリーズ専用のリモート管理運用サービス「node-eye」の提供を開始した。

 クラウドに対応するArmadillo-IoTを登録するだけで、ゲートウェイの遠隔管理運用を可能とするもので、「死活監視」「リソースモニタリング」「リモートコンフィグ」「リモートアップデート」と利用頻度の高い機能をすぐに利用できる。

「node-eye」で提供されるサービス 「node-eye」で提供されるサービス

 費用は月額課金制。ゲートウェイ1台からの利用も可能だが、試作開発向けにゲートウェイ5台以内ならば3カ月間、無料でnode-eyeを試用できる「トライアルサービス」も提供する。また、3G回線を用いたモバイル接続サービスもオプション(月額300円)にて提供する。

 現時点でnode-eyeの対象となるArmadillo-IoTは「Armadillo-IoTゲートウェイG2」のみだが、「Armadillo-IoTゲートウェイG3」への対応を2016年秋に実施する他、他シリーズ製品への対応も順次進める。

 Armadillo-IoTはCPUボード「Armadillo」をベースとし、シリアル(RS232C/422/485)信号や接点入出力のインタフェースを備える他、Bluetooth Low EnergyやEnOcean、Wi-SUNに対応したアドオンモジュールを差し替えることさまざまなセンサーとの無線接続に対応したIoTゲートウェイ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.