ニュース
» 2016年07月08日 16時00分 UPDATE

ドローン向け気象情報サービス、低空に特化した気象情報を提供

Queen Bee and Droneと気象海洋コンサルタントが、ドローン向け局地気象情報サービスの提供を開始する。

[渡邊宏,MONOist]
Queen Bee and Droneと気象海洋コンサルタントが提供を予定するドローン向け気象サービス

 Queen Bee and Droneと気象海洋コンサルタントは2016年7月8日、ドローン向け局地気象情報サービスの提供に向け協業すると発表した。地表から150メートルという低空の風速及び降水情報を提供することで、ドローン運用の助けとする。

 利用範囲の拡大しているドローンだが、ドローンはその性質上、風向きを含む天候の影響を強く受ける。一般的な天気予報はドローンにとって範囲が広すぎ、航空気象情報は航空機よりも低空を飛ぶドローンでの利用にそぐわないという課題があった。

 漁業関係者などへ気象情報を提供する気象海洋コンサルタントは、気象庁から提供されている気象数値データを基に地形データを加味した局地予報のノウハウを有しており、Queen Bee and Droneの持つドローン運用ノウハウとあわせて、ドローン運用にマッチした気象情報を提供する。

 提供する情報は大きく分けて、10日先までを予測する「長期計画用気象情報」、3日先までを3時間単位で予測する「短期計画用気象情報」、限定されたエリアながら20分ごとで予測する「ローカル気象情報」の3つ。2016年7月からは静岡県を中心とした東海地区を対象に試験提供を開始し、本サービス開始の際には全国をカバーする予定としている。

関連キーワード

産業用ドローン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け