ニュース
» 2016年07月14日 08時00分 UPDATE

スマートファクトリー:ダイセル式生産革新がさらなる進化、日立の画像解析でミスや不具合の予兆を検出 (1/3)

日立製作所とダイセルは、製造現場における作業員の逸脱動作やライン設備の動作不具合などの予兆を検出し、品質改善や生産性向上を支援する画像解析システムを共同開発した。ダイセルが実証試験を行っているエアバッグ用インフレータ工場で、2016年度内をめどに本格運用を始める。

[朴尚洙,MONOist]

 日立製作所とダイセルは2016年7月13日、東京都内で会見を開き、両社で共同開発した、製造現場における作業員の逸脱動作やライン設備の動作不具合などの予兆を検出し、品質改善や生産性向上を支援する画像解析システムについて説明した。ダイセルは2015年2月から16カ月の間、エアバッグ用インフレータを生産している播磨工場(兵庫県たつの市)で画像解析システムの実証試験を進めており、今後は2016年度中をめどに同工場で本格運用を始める計画。さらに、ダイセルの海外の6工場にも導入を広げていく予定だ。

 共同開発した画像解析システムは日立製作所が外販する。同社が2016年7月に発表したIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」の考え方や技術を適用した上で汎用化したデジタルソリューションに仕立て、2017年度から国内外の製造業向けに提案する。

 今回発表した画像解析システムは、5種類のカメラ(距離カメラ、固定カメラ、高速カメラ、PZTカメラ、全方位カメラ)を用いて作業者や設備、材料加工の状態を撮影する。撮影した映像を専用アルゴリズムで解析して、ミスや不具合などの予兆となる通常と異なる状態を見つけ出し、その解析結果を生産ラインのマネジャーなどに通知する。これによって品質保証は、生産ロット単位の代表点管理から、製品シリアルごとに連続監視できる全点管理に移行でき、工程内保証率を高められる。

日立製作所とダイセルが共同開発した画像解析システムの構成 日立製作所とダイセルが共同開発した画像解析システムの構成(クリックで拡大) 出典:日立製作所

関連キーワード

日立製作所 | 画像解析 | IoT | 工場


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.