ニュース
» 2016年07月15日 12時00分 UPDATE

FAメルマガ 編集後記:「つながる工場」から「つながるサービス」へ進化する製造業

コストを下げて効率化を狙うだけでなく、ビジネス規模を成長させる方向へ。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2016年7月15日発行の「FAメルマガ」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


「つながる工場」から「つながるサービス」へ進化する製造業

 製造業におけるIoT活用としてスマートファクトリーなどの「つながる工場」実現への取り組みが広がりを見せています。2015年から1年の間に経済産業省が進めるロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)や日本機械学会が母体となったIVI(Industrial Value Chain Initiative」などの取り組みが本格化し、大手を中心に日本の製造業も実証を加速させています。

 国を挙げて取り組むドイツの「インダストリー4.0」や、いち早くIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の価値に気付きビジネスモデルチェンジに取り組むGEなどの取り組みを見て「日本の製造業は遅れている」とのイメージを持つ人も多いですが、工場内で実現できることだけを見ると、決して日本企業は遅れていません※)

※)関連記事:FA メルマガ 編集後記:ドイツを上回る勢いで加熱する日本のインダストリー4.0

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.