連載
» 2016年07月15日 07時00分 UPDATE

IoT観測所(23):ホームアシスタントデバイス「Google Home」は“どうやって”家族を手助けするか (1/4)

2016年5月に発表された、Googleのホームアシスタントデバイス「Google Home」。Amazon Echo対抗と目されるが、同じくGoogleの「Project Brillo」とも関連づけて考えるべきだろう。

[大原 雄介,MONOist]

 この連載ではIoTに関する規格や団体を取り上げており、前回は台湾 Advantechが中心となるIoTセンサープラットフォーム「M2.COM」について取り上げた(IoTセンサープラットフォーム「M2.COM」の目指すビジョンと懸念点)。今回はより家庭向けを意識した「Google Home」を紹介したいと思う。

 Googleが2016年5月18日(現地時間)に開催した開発者向け会議「Google I/O 2016」の基調講演にて言及したのが「Google Home」だ。こちらでも既に記事として紹介されているが、ラフに言えば「Amazon Echo」の対抗馬と目されるもので、実際に機能を並べてみてもかなり近い。

「Google Home」とは何か?

 簡単に基調講演の説明をまとめてみると、Google HomeはMusic Playback DeviceとTask I/F、そしてAsk Googleの端末ということになる(Photo01)。

photo01 Photo01:Music PlayerあるいはWireless Speakerと単純に書かないのはもう少し話が複雑だから,Photo01:Music PlayerあるいはWireless Speakerと単純に書かないのはもう少し話が複雑だから

 まずMusic Playback Device。スピーカーが内蔵されており(Photo02)、このままでもワイヤレススピーカーとして機能する。この場合、声で指示することで、さまざまな音楽サービスと接続したり、あるいはPlay Music Storeから直接再生を行うことになる。

photo02 Photo02:これを見る限り、Google Home自体はあくまでモノラル再生のみに見える

 それ以外にも、Android端末からGoogle Cast経由で再生したり(Photo03)、他のワイヤレススピーカーなどと連動して再生を行ったり(Photo04)、ディスプレイと組み合わせて動画再生も可能になるとしている(Photo05)。

photo03 Photo03:もちろんChrome Castから音楽を飛ばすという事も可能だと思われる。非Androidデバイスはサポートしない、というワケでもなさそう
photo04 Photo04:このあたりになると、単にSpeakerではなくMusic Hub的な位置付けになる
photo05 Photo05:当然この場合モニターがGoogle Cast対応でないと難しいだろう

 実はこの時点で、次の話題に掛かる話が出てきている。Photo04ではほかのスピーカーが隣接して配されている様に見えるが、実際には別の部屋にもスピーカーが置かれている事は珍しくない。

 ここで説明を行ったQueiroz氏(Mario Queiroz氏:Vice President, Product Management)は「例えば居間でColdplayを聴きたいと思ったら、単純に“Play Viva La Vida in the Living Room”と言うだけで良い」と説明している(「Viva La Vida」はColdplayのヒット曲)。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.