ニュース
» 2016年07月19日 15時30分 UPDATE

建設土木業に向けたドローン自動操縦アプリ、自律飛行して地形データ作成

ソフトバンク コマース&サービスが、建設土木業向けドローン自動操縦アプリの取り扱いを開始する。タブレットからの操作で自律飛行し、地形データを作製してくれる。

[渡邊宏,MONOist]

 ソフトバンク コマース&サービスは2016年7月19日、建設土木業務向けとして、米3D Robotics Inc.製のドローン自動操縦アプリ「Site Scan」を同年8月下旬より販売開始すると発表した。

 このSite Scanは米3D Robotics Inc.製ドローン「3DR SOLO」に対応する自動操縦/撮影アプリで、タブレットにインストールして利用する。飛行ルートを設定するとドローンが自律飛行して地形を撮影し、撮影されたデータはクラウドにアップロードされる。アップロードされたデータはオートデスク「Forge」と連動し、自動的に地形を3Dデータ化する。

 ソフトバンク コマース&サービスではアプリ単体だけではなく、ドローンとのセットやオートデスク「Architecture Engineering & Construction Collection」(旧「Infrastructure Design Suite」)までもセットした「Site Scan測量パック」も用意する。

 国土交通省では、建設作業に必要な調査・測量、設計、施工、検査および維持管理・更新といったさまざまなプロセスにICTを導入する「i-Construction」を推進しており、ソフトバンク コマース&サービスではi-Construction向けパッケージ製品を積極的に投入していくとしている。

「Site Scan測量パック」内容(タブレットは含まれない) 「Site Scan測量パック」内容(タブレットは含まれない)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.