ニュース
» 2016年07月19日 17時00分 UPDATE

ドローンがアフリカの地でインフラ目指す、空を飛び医療品を届ける

国際協力機構(JICA)の募集した途上国支援事業、エアロセンスのドローン物流事業が採択。アフリカのザンビアで「医療品を届ける物流インフラ」として活用を狙う。

[渡邊宏,MONOist]
自律型VTOL(垂直離着陸)無人航空機

 エアロセンスは2016年7月19日、同社ドローンを用いた物流促進事業が、国際協力機構(JICA)の募集した途上国支援事業に採択されたと発表した。アフリカのザンビア共和国において、物流インフラとしてのドローンの可能性を探る。

 道路というインフラは高い輸送力を持つが多額の建設費が必要となり、その維持費も決して安価ではない。ザンビア国内の道路網は特に地方部で整備不良と管理不足が進んでおり、医療関連物資輸送の滞りから、基本的な保険医療サービスの提供もままならない状態にあるという。

 JICAの募集した「開発途上国の社会・経済開発のため民間技術普及促進事業」にて採択された本事業ではエアロセンスのドローン(特にVTOL機)を活用し、試薬や診断キット、検査用検体などの無人配送を目指す。事業開始は2016年10月が予定されている。

 エアロセンスの他にも国立国際医療研究センターと八千代エンジニヤングが参加し、国立国際医療研究センターが現地医療サービスの検討とザンビア関係省庁との調整、八千代エンジニヤリングがドローン運用に必要な電力および通信インフラなどのコンサルティングを行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.