ニュース
» 2016年07月20日 10時00分 UPDATE

上空からレーザースキャナーで測量、オルソ画像の作成も

エンルートらがレーザースキャナー搭載ドローンによる測量サービスを開始した。写真撮影も同時に行うため、オルソ画像の作成や点群データへの色づけも可能だ。

[渡邊宏,MONOist]
エンルートとAce-1が開発した、レーザースキャナー搭載ドローン エンルートとAce-1が開発した、レーザースキャナー搭載ドローン

 エンルートとAce-1は2016年7月19日、レーザースキャナー搭載ドローンによる測量サービスを開始したと発表した。

 両社が提供するドローンを利用した測量サービスを拡張したもので、両社の共同開発したレーザースキャナー搭載ドローンを利用し、上空からのレーザー測量と写真撮影を同時に行う。

 開発された専用ドローンは搭載バッテリーで約15分の飛行が可能。自動航行機能を備えており、地上測量なしでの計測を可能とするという。また、レーザースキャナーによるスキャニングだけではなく写真撮影も同時に行うため、オルソデータ作成や点群データへの色づけも可能となっている。

関連キーワード

産業用ドローン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.