ニュース
» 2016年07月21日 13時00分 UPDATE

「Pepper for Biz」が「2.0」に、法人サービスを拡大

Pepperの法人モデル「Pepper for Biz」に向けた、各種の新サービスが提供される。アプリの拡大や安価なコンテンツ提供、遠隔監視などを提供し、法人需要に応える。

[渡邊宏,MONOist]

 ソフトバンクロボティクスは2016年7月20日、Pepperの法人モデル「Pepper for Biz」に向けた新サービスを同年8月より順次提供すると発表した。安価なコンテンツ制作サービスやPepperを“デコる”デコレーション、企業広告などでキャラクターとしての利用を可能とするライセンス制度などを開始し、幅広い法人需要に応える。

pデコレーションされたPepper ステッカーでデコレーションされたPepper

 Pepperで動作するアプリについては法人需要の高い「インバウンド」「接客」「ヘルスケア」「受付」に対して28種類を提供。また、トーク(せりふ)やプレゼン、クーポンなどのコンテンツについてはクラウドワークスと提携し、商品説明トークで1万円といった低価格での提供を行う。

 デコレーションについては実際に着せる「ユニフォーム」と装飾できる「ステッカー」を販売する。ユニフォームはハッピ風やコンシェルジュ風など5種類を用意し、フルオーダーも可能だ。ライセンス制度はPepper for Bizを2台以上導入した企業に対し、有償にて自社広告やキャンペーンへのPepper起用を許諾するもの。

 法人向けサポートにPepperの状態を遠隔にて把握し、異常があった場合にヘルプデスクから対処法を通知する機能が追加される。現時点では対処法の通知にとどまるが、将来的には故障予測と自動復旧のサービスが提供される予定となってる。

 各種新サービスの提供開始を記念し「Pepper for Biz 2.0スタートキャンペーン」が行われる。これはPepper for Bizを新規に申し込み、2016年9月30日までに納品された法人を対象に、Android対応Pepperへの無償アップグレードを提供するもの。また、8月2日から9月30日までに対象アプリを「ロボアプリマーケット」にて購入すると、対象アプリが3カ月無償で利用できるサービスも提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.