特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年07月28日 08時00分 UPDATE

産業用ネットワーク:産業用ネットワークで日本規格が協力へ、ORiNとFL-netで連携ツールを開発 (1/2)

日本電機工業会が推進する産業用オープンネットワーク規格である「FL-net」と、日本ロボット工業会が推進する工場用情報システム用ミドルウェアの「ORiN」が提携し、連携ツールの開発を進める。

[三島一孝,MONOist]

 日本電機工業会(JEMA)が推進する産業用オープンネットワーク規格である「FL-net(エフエルネット)」と、日本ロボット工業会が推進する工場用情報システム用ミドルウェアの「ORiN(オライン)」は、それぞれ連携可能なツールの開発を進めることを発表した。日本で開発され、日本の業界団体が推進しているORiNとFL-netが連携して、その適用範囲を広めることで、日本国内だけでなく、グローバルで活用されるネットワークを目指すとしている。

photo ORiNとFL-netの連携イメージ 出典:JEMA

インダストリー4.0や製造業IoTで必要なネットワーク連携

 インダストリー4.0やIoTを基盤とする工場システムを実現するためには、既存のさまざまな産業用オープンネットワークを統合することが必要となる。もともとORiNは、こうした異種環境を吸収することを狙って開発されたミドルウェアである。

 日本ロボット工業会がNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)プロジェクトとして開発され、ロボット間の異種環境を吸収する標準プラットフォームを目指していた。しかし、ロボットだけでなくFA機器やデータベース、ローカルファイルなど幅広いリソースを扱うことができるために「Open Resource interface for the Network」と再定義し、現在に至っている※)

※)関連記事:いまさら聞けない ORiN入門

 一方のFL-netは、JEMAがPLC(プログラマブルロジックコントローラー)間の相互接続性を実現するために開発した産業用のオープンネットワークである※)

※)関連記事:いまさら聞けないFL-net入門

 ただ、最近はトヨタ自動車が自社工場で基軸としていたFL-netから、EtherCATへと乗り換えるとした方針を示すなど、巻き返しが求められる状況になっていた※)。今回の連携により、ORiNとFL-netが互いにデータを交換することができるようになり、さらに、ORiNとFL-netがこれまでそれぞれで培ってきたソフトウェアを活用することができる環境を目指すという。

※)関連記事:トヨタが工場内ネットワークでEtherCATを全面採用、サプライヤーにも対応要請

接続ツール「FL-netプロバイダ」の提供

 具体的には、ORiNと接続するためのソフトウェア「FL-netプロバイダ」というソフトウェアの開発を進め、提供することを目指す。このソフトウェアにより、既存のFL-netのネットワークや新規のFL-netネットワークにORiN用のシステムが参加可能になるという。両工業会では今回の連携領域にとどまらず継続して技術的な連携を実現する取り組みを進めていくとしている。

photo 産業用オープンネット展で展示されたORiNとFL-netの連携を紹介するパネル(クリックで拡大)出典:JEMA
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.