ニュース
» 2016年07月29日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:最先端の生産方式によって管理された、V型8気筒エンジンの生産工場を新設

ポルシェは、ドイツ・シュトゥットガルト―ツッフェンハウゼンの中心にV型8気筒エンジンの生産工場を新設した。最先端の生産方式によって管理される新工場では、今後、フォルクスワーゲングループのV型8気筒エンジンが製造される予定だ。

[MONOist]

 ポルシェは2016年7月13日、ドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼンの中心に、V型8気筒エンジンの生産工場を新設したと発表した。新工場はフォルクスワーゲン(VW)グループ内の相乗効果にも寄与し、今後VWグループ全てのV型8気筒エンジンが、ツッフェンハウゼンで製造される予定だ。

 2014年初頭に建設が始まった新工場は、ポルシェの主要生産拠点西側の拡張ゾーンに位置する。建物のフロア面積は約1万m2で、工場は1階のロジスティクスと上階のエンジン組み立ての2つの階に分割される。建設費は約8000万ユーロ(約94億円)。ツッフェンハウゼンは、同社が初めて市販した初代ポルシェ356モデルが66年前に製造された場所で、当時は108人の従業員が働いていたが、今ではエンジンの生産のみで1200人以上の従業員を雇用する。

 新工場の核となるのは、製造とオートメーションが調和して効率的に連結される柔軟な生産システムで、精度の高い工程を含む組み立てに導入される。約100のイノベーションが生産システムのコンセプトに組み込まれるなど、従業員は最新のマシンと工具によってサポートされる。例えば、従業員による設定が可能な産業用運搬車両の導入だ。リチウム―チタンバッテリーを積んだ電動運搬装置は、工場の2つのフロアをまたいで設置された1万6000個の磁石からなるグリッドネットワークによって導かれ、動き回る。このように、柔軟な対応力によって、今後の製品変更や新方式に対し、生産工程を容易に適応させることができる。

 電子制御ツールも柔軟性に優れたシステムを採用。電子生産ネットワークを介してトルクやスピードのプリセットをいつでも変更できる。電子制御ツールを特定の使用場所に限定せず、新しい仕事場に取り付けるだけで、組み立て工程で広く使用できる仕組みだ。

 新工場は、建造物の持続可能性についてもマイルストーンを達成する。建物は40の持続可能性基準に基づいて評価を受けた。特に、屋根の太陽光発電システムは年間24万2500Kw/hの電気エネルギーを発生。従来の発電に比べて、発生するCO2換算で105トン削減するという。また、広大な屋根は植物により緑化されており、大気環境の改善にも寄与する。

 ここ数年でポルシェは、3億ユーロ(約352億円)以上をシュトゥットガルト―ツッフェンハウゼンの主要生産拠点に投資している。また、将来のプロジェクトに向けて中心部の事業用地を開発するために、シュトゥットガルトの保有地を2倍以上の60万m2に拡大した。数年以内に10億ユーロ(1170億円)を超える追加投資を計画しているという。

photo V型8気筒エンジンの新生産工場(イメージ)
photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ポルシェ | エンジン | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.