ニュース
» 2016年07月29日 12時00分 UPDATE

リアルタイム顔認証ソフトウェアを強化、より遠方の顔も照合可能に

NECが同社カメラ映像向けリアルタイム顔認識ソフトウェア「NeoFace Watch」を機能強化した。映る顔が小さくとも、また、正面を向いていなくても認識できる。

[渡邊宏,MONOist]

 NECは同社のカメラ映像向けリアルタイム顔認識ソフトウェア「NeoFace Watch」を機能強化し、同日より販売開始すると発表した。機能強化により映る顔の大きさが小さくとも、また、正面を向いていなくても照合可能となり、より多彩な設置位置からの映像でも顔認証が可能となる。

「NeoFace Watch」利用イメージ 「NeoFace Watch」利用イメージ

 機能強化では低解像度の顔画像照合を強化、従来比で約60%の大きさの顔画像でも認識可能となり、正面以外から撮影された照合も強化された。上下20度、左右40度の角度がついた顔でも照合が可能となり、カメラがより遠方であったり、高い位置にある場合でも照合が可能となった。

 また、従来は映像の全フレームに対して照合を行っていたが、極端に解像度が低い、もしくは極端に角度がついた画像については事前に自動排除する仕組みを導入した。この仕組みによってPCをベースとしたシステムでも高速な照合を可能にしたとしている。

関連キーワード

NEC(日本電気) | 顔認証


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.