ニュース
» 2016年08月01日 12時00分 UPDATE

医療機器 メルマガ 編集後記:取材はやっぱり“小さなことからコツコツと”

西川きよしではありませんが。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2016年8月1日発行の「医療機器 メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


取材はやっぱり“小さなことからコツコツと”

 日機装が2016年7月28日、マイクロ波を活用した外科手術用エネルギーデバイス「アクロサージ」を発表しました。滋賀医科大学バイオメディカル・イノベーションセンター 特任教授である谷徹氏が開発した技術を、透析装置を中心に医療機器事業を展開する日機装が製品化したという、産学連携の申し子のような製品です(関連記事:電子レンジと同じ原理で“最高の外科”を実現、日機装が世界初の製品化)。

 製品開発を担当した日機装 メディカル事業本部 市場開発部長の浅野拓司氏が「困難な手術といわれている胆管切断による胆のう摘出を動物実験で行った際に、あまりにも簡単にできることに感動して、何としてでも製品化したいと思った」というほどで、発表通りの性能を発揮すれば、外科手術に革新をもたらすかもしれません。浅野氏は5年後の2021年に売上高50億円、2025年には1000億円まで伸ばすと意気込んでしました。

 同氏ほどではありませんが、私もアクロサージには少し思い入れがあります。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.