ニュース
» 2016年08月10日 16時30分 UPDATE

ヘリウム風船とドローンを融合した「バルーンカム」、エンタメ業界などへ提供

ドローンと大型風船を融合させた「バルーンカム」をパナソニックが開発、エンターテインメント業界や広告業界に向けたライセンス提供を開始した。

[渡邊宏,MONOist]

 パナソニックがドローンと大型風船を融合させた「バルーンカム」のライセンス提供を開始した。エンターテインメント業界や広告業界に向け、開発製造、販売に関してのライセンスを提供する。

「第2回 先端コンテンツ技術展」に展示されていたバルーンカム

 この「バルーンカム」はヘリウムを入れた大型バルーンの内部に複数ローターを備えた産業用ドローンを内蔵したもので、スタジアムやライブ会場で上空を飛びながら搭載したカメラで観客やステージを撮影する他、ドローン本体をプロジェクターのスクリーンにしてメッセージを発するといった使い方を想定する。

バルーンの奥にはローターと整流板が取り付けられている

 展示会「第2回 先端コンテンツ技術展」(2016年6月29日〜7月1日、東京ビッグサイト)に参考展示されていた機体は直系約3.5メートル、厚さ約1.5メートルのヘリウム風船に4基のプロペラを搭載、2kgまでの機材を搭載可能となっていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.