ニュース
» 2016年08月16日 18時30分 UPDATE

Googleが新OS「Fuchsia」開発中、IoTデバイス向けRTOSか

Googleが新OS「Fuchsia」の開発プロジェクトを開始したようだ。LinuxやAndroidではなくLKをベースにしており、RTOSとしての完成を意図しているようだ。

[渡邊宏,MONOist]
Fuchsia(GitHub) Fuchsia(GitHub)

 Googleが新OSの開発プロジェクトを開始したようだ。

 「Fuchsia」と名付けられたプロジェクトはGitHubにリポジトリが設けられているものの、LinuxやAndroidなどとの関係を含めた位置付けは明らかにされておらず、「Pink + Purple == Fuchsia (a new Operating System)」とだけ説明されている。

 GitHubのドキュメントによれば、マイクロカーネル「Magenta」を核とする構成とされている。MagentaはLK(LK embedded kernel)をベースとしており、これはFreeRTOSやThreadXなど組み込み機器向けOSのなかでも高い即時性などを要求されるRTOS(リアルタイムOS)に属する。このことから、FuchsiaはIoTのエンドデバイスの搭載を意図したRTOSではないかと想像される。

 Googleは「Google I/O 2015」にて“IoTデバイス向けOS”をうたう「Brillo」を発表しているが、これはAndroidベースである。新たに開発が行われているFuchsiaは、LinuxベースのOSではカバーできない領域での利用を目指すものと思われる。

関連キーワード

GitHub | RTOS | Google | Android | Linux | リアルタイムOS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.