ニュース
» 2016年08月18日 17時30分 UPDATE

監視カメラ映像をリアルタイム解析、混雑を高精度予測

三菱電機が監視カメラ映像などを元に、混雑状況予測をリアルタイムで行う技術を開発した。蓄積データではなくリアルタイムの映像データから解析と予測を行い「80%の混雑予測」を実現する。

[渡邊宏,MONOist]

 三菱電機は2016年8月18日、監視カメラ映像などを元に混雑状況の予測をリアルタイムで行う技術を東京大学 西成研究室と共同で開発したと発表した。

 過去に取得した人の流量データに基づく混雑予測ではなく、監視カメラを利用して取得した「現在の人の流量」データをリアルタイム処理可能な高速シミュレーターに与えることで、実際の混雑状況に対し「80%の混雑予測を実現」(同社)という高精度な予測を可能とした。

「リアルタイム混雑予測技術」 従来の過去データを元にした混雑予測と、開発された「リアルタイム混雑予測技術」の違い
予測精度の向上

 シミュレーターには東京大学 西成研究室が開発した「高速群集移動モデル」を採用することで計算量を削減。監視カメラ映像を元にリアルタイムで高精度な混雑予測を行うという煩雑な処理の高速処理を可能としている。

 現場の映像に基づくリアルタイム予測であるため、精度の高さはもちろんのこと、事故や事件など不測の事態が発生した場合でも状況に応じた避難経路が設定可能となり、来場者の安全確保が容易となるとしている。本技術は2016年8月20日に行われる「第38回世田谷区たまがわ花火大会」において、実証実験を行う予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.