ニュース
» 2016年08月30日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:拡張現実(AR)開発プラットフォームの新バージョンをリリース

米PTCは、拡張現実(AR)開発プラットフォームの新バージョン「Vuforia 6」をリリースした。新バージョンでは、任意の製品に張り付けできるビジュアルコード「VuMark」を導入し、手順をAR体験として視覚的に示すことが可能だ。

[MONOist]

 PTCジャパンは2016年8月18日、米PTCが拡張現実(AR)開発プラットフォームの新バージョン「Vuforia 6」をリリースしたと発表した。

 Vuforiaは、AR開発で利用されるプラットフォームで、主要スマートフォン、タブレット端末、スマートグラスに対応したさまざまなVuforiaベースのアプリケーションが公開されている。

 新バージョンでは、2016年6月に同社の年次ユーザーカンファレンス「LiveWorx」で公開したビジュアルコード「VuMark」を導入。VuMarkは、任意の製品や機械に張り付けでき、カスタマイズも可能。また、VuMarkの作成ツール「VuMark Designer」を使用すれば、既存の図柄やロゴなどからVuMarkを作成できる。これにより、シリアル番号やURLなどのさまざまなデータをエンコーディングし、視覚的に魅力的なVuMarkを作成できるという。

 さらに、Vuforia EngineがUniversal Windows Platform(UWP)に対応したことで、Unityを利用する開発者は、既存のVuforiaプロジェクトをHoloLens/Surface Pro 4/Surface Bookなどのタブレットに対応させることが可能になった。Microsoft Visual Studioを使用し、タブレットで利用される既存のUWPアプリケーションにAR機能を加えることもできる。Vuforia Engine on HoloLensは、今秋の正式リリースまで試用版として提供される。

photo VuMark

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.