特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2016年08月30日 06時00分 UPDATE

スマートファクトリー:ファナックのスマート工場パートナーに200社以上が参加、デファクト形成へ加速 (1/2)

ファナックは、同社が推進する製造現場向けのIoTプラットフォーム「FIELD system」のパートナーイベントを初開催し同システムのAPIを公開した。パートナーとしては200社以上が加わり、自律するスマート工場実現への取り組みを加速させる。

[三島一孝,MONOist]

 ファナックは2016年8月29日、都内で同社が推進する製造現場向けのIoTプラットフォーム「FIELD system」のパートナーイベントを初開催した。同システムのAPIを公開し、新たに加わった200社以上のパートナーとともに、自律型スマート工場の実現を加速させる方針を明らかにした。

コアパートナー5社と矢継ぎ早に提携

 ファナックでは2016年4月に米国のネットワーク関連企業Cisco Systems(以下、シスコ)、米国の産業オートメーション関連企業のRockwell Automation(以下、ロックウェル)、深層学習技術などを開発する人工知能関連ベンチャーPreferred Networks(以下、PFN)と提携し、製造現場向けのIoT(Internet of Things、モノのインターネット)プラットフォーム構築で協業していくことを発表※)。新しく展開するプラットフォームを「FIELD system」と名付け、開発を進めてきた。

※)関連記事:製造業IoTに新たなデファクト誕生か、ファナックらが人工知能搭載の情報基盤開発へ

 さらに2016年7月には、NTTおよびNTTコミュニケーションズ、NTTデータのNTTグループ3社と提携し、「FIELD system」の早期実現を目指すことを発表※)。大きく分けて5社のコアパートナーをそろえたことで、後はカテゴリーごとのパートナーを獲得していくことが主眼となり、今回のパートナーイベント開催へとつながった。

※)関連記事:IoTによる「自律工場」へ加速するファナック、NTTグループとも提携へ

「見える化」でなく「自律制御」までを目指す「FIELD system」

 「FIELD system」は、ファナックなどが提供するCNC(Computerized Numerical Control)や産業用ロボット、各種センサーなどのデータを集積し、一定の分析および制御を実現するIoTプラットフォームである。特徴となるのが、多くの情報を収納でき大規模な演算を行えるクラウド領域と、現場情報となるエッジの中間である「Fog」領域※)に設置している点となる。

 これにより、データの収集や分析をより現場に近いところで行えるようになるため、リアルタイム性を持った処理なども可能となる。従来の製造現場IoTといえば、データを吸い上げ閲覧するというような「見える化ツール」にとどまっていたケースが多かったが、機器のリアルタイム制御など、物理的な自動制御まで実現していく点が従来との違いだ。

photo 「FIELD system」のイメージ図 出典:ファナック
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.