ニュース
» 2016年08月31日 17時00分 UPDATE

ドローンを使った、風力発電所のブレード点検サービス

エアロセンスはドローンを利用した風力発電所のブレード点検サービスを開始したと発表した。古河電工グループの古川産業と共同提供する。

[渡邊宏,MONOist]

 エアロセンスは2016年8月31日、同社ドローンを利用した風力発電所のブレード点検サービスを開始したと発表した。

 古河電工グループの古川産業と共同提供するもので、カメラ搭載のドローンを風力発電の目視点検に用い、近年設置数が増大し、本体の大型化も進む風力発電の点検業務効率化を図る。

頴娃風力発電所での運用 10msの強風下でも安定した撮影が行える (出展:エアロセンス)

 風力発電所のブレード点検については、「遠方から望遠鏡などを使った目視点検」「作業員が近づいての目視点検」と点検手法があるが、前者では塗料剥離のような細かな傷は確認しきれず、後者では高所作業という特殊作業を行う人材の確保が必要となる。これらをドローンで行う。また、災害時などの緊急点検もドローンならば即座に可能であり、また、点検記録はデータ押して管理されるため、設備の維持管理にも貢献するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.