ニュース
» 2016年09月08日 13時00分 UPDATE

MATLAB/Simulink:モデルベース開発環境に感度解析ツールが追加

「MATLAB/Simulink」にSimulinkモデルパラメータの推定および最適化を行う「Simulink Design Optimization」へ、新たに感度解析ツールが追加された。

[渡邊宏,MONOist]

 The MathWorksは同社モデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」においてSimulinkモデルパラメータの推定および最適化を行う「Simulink Design Optimization」へ、新たに感度解析ツールを追加した。この新ツールを用いることで、Simulinkモデルの実験計画およびモンテカルロシミュレーションを対話的に実行可能だ。

 ツールでは対話的に複数パラメーター変動を指定し、多数の設計要件を取り込んでの結果解析が行える。Simulinkの高速リスタート機能およびParallel Computing Toolboxを利用することで、ツール処理速度を向上させることも可能となっている。

「Simulink Design Optimization」 「Simulink Design Optimization」

 Release 2016aでは新たにMATLABコーディングと実行、テストをインタラクティブに表示・実行できる「MATLAB Live Editor」と、MATLABアプリの統合開発環境「App Designer」が含まれた他、Simulinkのモデル開発やシミュレーションを高速化するさまざまな機能が追加されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.