ニュース
» 2016年09月09日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:ロシア工場で2車種目を生産開始

トヨタ自動車は、ロシアのサンクトペテルブルク工場で「RAV4」の生産を開始した。同工場での生産は「カムリ」に続き2車種目となり、年間生産能力が5万台から10万台程度へと増強する。

[MONOist]

 トヨタ自動車は2016年8月22日、ロシアトヨタのサンクトペテルブルク工場で、「RAV4」の生産を開始した。生産に伴う投資額は約148億円(97億ルーブル)で、新たに約800人を雇用する予定だ。

 同工場では「カムリ」を生産しており、RAV4は2車種目となる。これにより同工場の年間生産能力は5万台から10万台程度へと増強。生産されたRAV4は、ロシア国内のほか、カザフスタンとベラルーシに輸出される。

 RAV4がロシアに導入されたのは2002年で、それ以来コンパクトSUVセグメントをけん引する車種として、市場で高く評価されてきたという。現在、ロシアにおけるトヨタの全ラインアップの中で、最も販売台数が多い車種がRAV4であり、2013年には同工場での生産が決定していた。

 サンクトペテルブルク工場の敷地面積は約224万m2。2016年7月末時点で約1900人の従業員が働いている。

photo トヨタ「RAV4」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ロシア | トヨタ自動車 | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.