ニュース
» 2016年09月09日 11時00分 UPDATE

マクニカ、メッシュネットワーク利用のIoTデバイス開発キット

Dust Networksを利用したメッシュネットワークの開発キットをマクニカが販売開始した。自動接続機能も備えており、電源を入れるだけでメッシュネットワークを利用した環境測定と評価が行える。

[渡邊宏,MONOist]
「Mpression IoTメッシュネットワーク・スターターキット」 「Mpression IoTメッシュネットワーク・スターターキット」

 マクニカがメッシュネットワークを利用したIoTデバイスの試作に適した開発キットを提供開始した(販売はアルティマより行われる)。この「Mpression IoTメッシュネットワーク・スターターキット」はメッシュネットワークの構築にDust Networksを利用しており、親機と5台の子機、ログを取得するためのPCソフトで構成されている。

 子機は温湿度(シリコンラボラトリー Si7021)と照度(テキサス・インスツルメンツ OPT3001)の各センサーならびにバッテリー電圧の感知機能を有しており、取得した値をメッシュネットワーク経由で定期的にモニタリングできる。子機動作電源には乾電池もしくは太陽電池を選択可能だ。

 初期設定は不要であり、無線切断時の自動回復機能も有していることから、端末の電源を入れるだけでメッシュネットワークを利用した環境測定と評価が行え、専門知識が無い担当者でもメッシュネットワーク端末の設置場所や端末数検証が可能となっている

 また、取得したデータについてはマクニカネットワークスの扱うスプランクのデータ分析プラットフォーム「Splunk」との連携によってダッシュボードでの可視化も可能だ。

関連キーワード

メッシュネットワーク | IoT | マクニカ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.