ニュース
» 2016年09月16日 12時00分 UPDATE

FAメルマガ 編集後記:勝ち組はどこだ? IT×FAのビッグな協業相次ぐ

映画「アベンジャーズ」的な世界に入りつつあります。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2016年9月16日発行の「FAメルマガ」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


勝ち組はどこだ? IT×FAのビッグな協業相次ぐ

 インダストリー4.0をはじめとするスマートファクトリー実現への動きが加速する中、協業の動きが広がりを見せています。特に工場内の設備や機械などを担うメーカーと、ICTベンダーの大手同士の提携の動きが、最近立て続けに進んでいます。

 2016年4月にはNC機器や産業用ロボット大手のファナックが、開発を進めるスマートファクトリー基盤「FIELDsystem」では、コアの開発パートナーとして、米国のCisco Systems、Rockwell Automation、日本のPreferred Networksなどと協業しました。さらに同年7月にはNTTおよびNTTコミュニケーションズ、NTTデータのNTTグループ3社とも協業を発表し、ICT関連の開発力強化を図っています※)

※)関連記事:IoTによる「自律工場」へ加速するファナック、NTTグループとも提携へ

 一方、工作機械大手のDMG森精機は2016年9月9日、スマートファクトリー実現に向けて日本マイクロソフトと提携することを発表しました。DMG森精機は既に工作機械において、KDDIの3G回線を用いた遠隔保守サービスを行っていましたが、グローバルでの展開などを想定する中で、セキュリティ面での課題や情報分析などの課題などを解決するために、提携を行ったといいます※)

※)関連記事:加速するスマート工場、DMG森精機はパートナーにマイクロソフトを選ぶ

 こうした動きは、これらの取り組みの他にも国内外問わず数多く登場しており、大きな流れとなってきています。背景にはお互いが補完し合う関係であることが挙げられます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.