ニュース
» 2016年09月20日 06時00分 UPDATE

エコカー技術:どうしても「フリードHV」に4WDを設定したかったホンダが工夫したこと (1/3)

ホンダは、5ナンバーミニバン「フリード」をフルモデルチェンジして発表した。2008年に発売して以来初めての全面改良となる。3列シートのフリードと、派生車種「フリード スパイク」の後継となる2列シートの「フリード+(プラス)」を用意した。また、5ナンバーミニバンとして初めてハイブリッドモデルに4WD(四輪駆動車)を設定した。

[齊藤由希,MONOist]

 ホンダは2016年9月16日、5ナンバーミニバン「フリード」をフルモデルチェンジして発表した。2008年に発売して以来初めての全面改良となる。3列シートのフリードと、派生車種「フリード スパイク」の後継となる2列シートの「フリード+(プラス)」を用意した。また、5ナンバーミニバンとして初めてハイブリッドモデルに4WD(四輪駆動車)を設定した。フリードシリーズの買い替えや、「ハイブリッドミニバンがほしいが4WDがないので諦めていた」という雪国のユーザーに向けて提案していく。

 車両価格は188万円から。JC08モード燃費はガソリン車で19.0km/l、ハイブリッド車ではトヨタ自動車の5ナンバーミニバン「シエンタ」と同じ27.2km/lとなる。月販6000台を計画している。

 なお、今回のフルモデルチェンジで採用を予想する声もあった排気量1.0lのターボエンジンは設定されていない。「燃費や出力は既存のパワートレーンで十分カバーできているため」(ホンダの説明員)というのが理由だ。

斜め前横 新型「フリード」の外観(クリックして拡大)

先代よりも広く、さらに低床化

 新型フリードは、先代モデルと比較してボディーサイズを大きく変えずに快適性を向上したという。全長が50mm増なのに対し、1〜3列目のヒップポイント間距離は90mm拡大。また、2列目シートのスライド量は先代モデルから120mm増の360mmとなる。

 全幅は増減なしだが、シートの横の間隔を1列目で50mm、2列目で25mm広げてウォークスルーしやすくした。

フリードとフリード+(旧フリード スパイク)のパッケージングの変更点 フリードとフリード+(旧フリード スパイク)のパッケージングの変更点(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 フリード+は、開口部の地上高がFF(前輪駆動)車で335mmと低床化を図った。フリード スパイクと比較すると185mm低い。また、新型フリードの開口部地上高はFF車で480mmだが、全体をフラットなフロアとした。

荷室高の比較フリード+フリード カットモデルでの荷室高の比較(左)。2列シートのフリード+(中央)と3列シートのフリード(右)(クリックして拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.