ニュース
» 2016年09月20日 06時00分 UPDATE

CADニュース:3次元点群データ処理ソフトの新版を発表、点群からのCADモデル化機能を追加

エリジオンは、3次元点群データ処理ソフト「InfiPoints」の新バージョン「Ver.3.0」を発表した。計測した点群データから配管・鋼材をCADモデル化し、各種BIMソフトウェアに受け渡すための連携機能を強化した。

[MONOist]

 エリジオンは2016年8月24日、3次元点群データ処理ソフト「InfiPoints」の新バージョン「Ver.3.0」を発表した。点群データから配管・鋼材をCADモデル化する機能やデータ出力機能を追加し、各種BIM(Building Information Modeling)ソフトウェアとの連携を強化した。

 新バージョンでは、計測した点群データから、H形鋼・角形鋼管などの配管・鋼材をCADモデル化する機能を追加した。また、点群データからの配管モデリング機能を拡張し、レデューサーのモデリングやフランジ合わせ部のすき間などのモデリングも可能にした。

 モデル化したデータは、形状・長さ・径などのパラメーターを出力し、BIMソフトなどに受け渡すことができる。BIMソフトや設備CADソフトに出力ファイルを入力すれば、データを編集しながらモデリング作業を進めることができるという。

 さらに、計測時に設置した基準球・チェッカーボードの形状を高精度に認識する技術や、複数の点群データをフィットさせる際に、誤差を最小化する技術などを開発。データ合成の精度を向上させたほか、結果を数値・グラフなどで表示し、精度を保証する機能も追加した。

photo 点群データから鋼材をCADモデル化(赤色部分)した例
photo 外径の異なる配管をレデューサーでつないだ例
photo 2枚をセットで作成したフランジ(上)と片面ずつフランジを作成した例(下)
photo
photo 誤差のカラーマップ(中央)をはじめとした、InfiPointsでの視覚的・定量的な誤差表示の例

関連キーワード

CAD | モデリング | CADニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.