ニュース
» 2016年09月21日 16時00分 UPDATE

沿岸の松枯れ被害低減にドローン投入、ドコモら着手

松くい虫などで松が枯れる「松枯れ」には、対象部分の伐採が有効な手段とされているが、広範に及ぶ沿岸林の松を目視確認するのは多大な労力が必要だ。

[渡邊宏,MONOist]

 エアロセンスとNTTドコモ、ベジタリアの3社は2016年9月21日、沿岸に植樹されている松の対策にドローンを用いる海岸保安林プロジェクト(ドローンを活用した海岸保安林の松枯れ対策及び維持管理の手法開発実証)における提携に合意した。

 海岸に海岸林として植樹されている松が枯れる「松枯れ」について、これまでは被害木を目視で確認して伐採作業をしていたが、プロジェクトではドローンに搭載したカメラから被害状況を確認し、同時にGPSで位置を確認することで省力化を図る。また、撮影画像を立体視することとで被害木の高さを測定し、伐採業者の作業工程を簡略化する取り組みも予定されている。

海岸保安林プロジェクトの概要 海岸保安林プロジェクトの概要
松枯れの例 松枯れの例(ドローン空撮、オルソ生成)

 プロジェクトにおいて、エアロセンスはドローンの提供、NTTドコモは画像分析、ベジタリアは植物医による画像の診断と立体視による材積算出策定などを担う。また、実施する実験においては新潟市も協力し、市は実験場所の提供ならび規制緩和の提言を行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.