ニュース
» 2016年09月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:可搬質量8kgの高速スカラロボットを発売、高速連続稼働に対応

デンソーウェーブは、可搬質量8kgの高速スカラロボット「HSR」シリーズを2016年10月に発売する。アーム先端の軽量化と放熱性の向上により、連続稼働による高速動作を可能にした。

[MONOist]

 デンソーウェーブは2016年9月12日、可搬質量8kgの高速スカラロボット「HSR」シリーズを発表した。ラインアップは、アーム長480mmの「HSR048」、同550mmの「HSR055」、同650mmの「HSR065」の3種で、同年10月に発売される。

 HSRシリーズでは、モーター配置などを刷新し、アーム先端の軽量化を図った。また、放熱性の向上により、実工程で必要とされる連続稼働による高速動作を可能にしている。

 さらに、アームとシャフト部の剛性を強化し、可搬質量8kgに対応。機械設計と制御を高次元で連携させたことで、アームの状態を動的に制御へ反映させることができる。これにより、アーム先端の残留振動が低減するという。

 今回同社では、瞬間最大速度ではなく、CPM(Cycle Per Minute:1分間の仕事量)に着目。速く動き始める、速く動き続ける、正確に止まるという基本性能を追求し、高速性を実現したとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ロボット開発 | デンソー | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.