ニュース
» 2016年09月27日 07時00分 UPDATE

人工衛星「ひとみ」はなぜ失われたのか(後編)生かされなかった過去のアクシデント (1/4)

宇宙空間で自壊するという大事故を起こしたX線天文衛星「ひとみ」。直接的な原因は打ち上げ後に連続して起こった小さなミスだが、根本的な原因はJAXAという組織が内包する性質にある。

[大塚実,MONOist]

 前回までで、X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)に起きた事故については一通り説明できた。だが、なぜこのような大事故が起きたのか、なぜ未然に防ぐことができなかったのかについては疑問が残る。そこで、今回の後編では、事故の背後要因を見ていき、今後の対策について考えることにしたい。

X線天文衛星「ひとみ」(CG by Go Miyazaki) X線天文衛星「ひとみ」(CG by Go Miyazaki)

・人工衛星「ひとみ」はなぜ失われたのか(中編):いくつもあった運命の分岐点

・「ひとみ」はなぜ失われたのか(前編) 衛星を崩壊に導いた3つのプロセス

JAXAが発表した4つの組織改革

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年6月14日、ひとみ事故に関する調査報告書を公表。その中で、今後の具体的な対策として、以下の4項目からなる組織改革案を示した。

(1)ISASプロジェクトマネジメント体制の見直し

(2)ISASと企業との役割・責任分担の見直し

(3)ISASプロジェクト業務の文書化と品質記録の徹底

(4)ISAS審査/独立評価の運用の見直し

 前編と中編で見てきたように、事故後の検証で明らかになったのは、ひとみは性能を追求し、観測を優先する一方で、安全性・信頼性に対する意識が不足していたことだ。この背景として問題視されたのは、PM(Project Manager)とPI(Principal Investigator)の役割が分かれていなかったプロジェクトの管理体制である。

 PMはプロジェクトを統括する立場。スケジュールや予算を適切に管理し、リスクに対応しながら、プロジェクトを確実に遂行していく責任がある。工学にも明るく、幅広い視野を持つことが望まれるだろう。一方でPIは研究者側の代表である。科学コミュニティーからの要望をまとめ、最大限の成果を得られるように努める。

 PIからの要望であっても、リスクが大きいと判断すれば、PMはそれを止めなければならない。だが、PIがPMも兼ねていれば、どうしても判断がサイエンス寄りになってしまうだろう。今後は、ブレーキとなれるよう、PMとPIを明確に区別、別々の人物が担当する。なおPMについては専任を前提とし、他の業務との兼任は避ける。これが上記の対策(1)だ。

photo02 「ISASプロジェクトマネジメント体制の見直し」(対策1)の内容(JAXAの「X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」異常事象調査報告書」より抜粋、以下同じ)

 ひとみを開発した宇宙科学研究所(ISAS)の衛星や探査機では、理学または工学の研究者がPMに就くことが一般的だ。しかしPMとしての業務そのものは、研究者としての業績にはなりにくい。今後も研究者がPMを担っていくのか、それとも“プロジェクトマネジメントの専門家”のような人材を育成するのか、PMのキャリアパスまで含めて検討する必要があるだろう。

関連キーワード

JAXA | 宇宙開発(MONOist)


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.