ニュース
» 2016年09月28日 10時30分 UPDATE

産業用ドローンに最適な高出力リチウムイオン充電池、NECが開発

NECエナジーデバイスが産業用(業務用)ドローンなどに向けた、高出力かつ安全性の高いリチウムイオン充電池の開発に成功した。ドローンに搭載すれば、飛行時間ならびに飛行距離の約33%向上が見込める。

[渡邊宏,MONOist]

 NECエナジーデバイスは2016年9月26日、産業用(業務用)ドローンに向けた高出力かつ安全性の高いリチウムイオン充電池の開発に成功したと発表した。産業用ドローンに多く採用されている一般的なリチウムポリマー充電池に比べて、飛行可能回数が増加し、低温環境下での利用も可能となる。

 開発したリチウムイオン充電池は正極材として新たに比容量(単位質量あたりの電力容量)の大きな材料を開発、高出力時の重量エネルギー密度を従来比約33%向上させた。また、電極組成の最適化による低抵抗化も進め、出力密度も従来比40%向上させている。

photophoto 新開発されたリチウムイオン充電池「DT005-01」とドローンへの搭載イメージ

 このエネルギー密度向上により、従来品と同重量・同エネルギー量で比較した際には飛行時間ならびに飛行距離の約33%向上が見込め、サイズならび重量の約25%小型軽量化が可能になる。

 加えて電解液や添加剤の材質見直しも行い、充放電を繰り返した際の容量低下特性も従来比10%向上させており、同社によれば「典型的なリチウムポリマー充電池の2倍以上」の耐久性を得ることに成功したとしている。

 開発された新型リチウムイオン充電池は既に自律システム研究所にて評価が行われており、2017年第1四半期に販売が開始される予定。同社ではドローンをはじめ、ロボットなどさまざまなデバイスに向けた電源として提供していく考えだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.