ニュース
» 2016年10月07日 10時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:3次元距離計測スキャナーの開発が容易に、リンクスがToF式CCDセンサーを発売 (1/2)

技術商社のリンクスは、ToF(Time of Flight)式CCDセンサーの開発製造を手掛けるスイスのEspros Photonics(エスプロス)と日本国内における総代理店契約を締結。2016年11月15日から国内販売を始める。市場の急拡大が見込まれる3次元距離計測スキャナーを容易に開発できるという。

[朴尚洙,MONOist]
リンクスの村上慶氏 リンクスの村上慶氏

 技術商社のリンクスは2016年10月6日、東京都内で会見を開き、ToF(Time of Flight)式CCDセンサーの開発製造を手掛けるスイスのEspros Photonics(エスプロス)と日本国内における総代理店契約を締結したと発表した。同年11月15日から、エスプロスのToF式CCDセンサーの国内販売を始める。当面の年間売上高目標は10億円。

 リンクスは、MVTec Softwareの画像処理ソフトウェア「HALCON」や、Baslerの工業用デジタルカメラなど、工業用画像処理分野の最先端製品を国内展開する技術商社として広く知られている。同社代表取締役の村上慶氏は「世界をリーディングするハイテク製品を国内向けに独占販売する方針で事業を展開してきた。工業用画像処理分野で築いた圧倒的ポジションを他の分野にも広げるべく、新たな商品を投入していきたい」と語る。

 今回発表したエスプロスのToF式CCDセンサーは、工業用画像処理で培った技術と経験を基に、近年市場が拡大しつつある「エンベッデド・ビジョン」市場へ進出するための新たな商材となる。村上氏は「工業用画像処理の市場は年間1000億円程度。これを小さな川とすると、さまざまな機器分野で利用が広がるエンベッデド・ビジョン市場ははるかに大きな大河だ。急成長するエンベッデド・ビジョンの技術が工業用画像処理分野に流入してくる可能性は危機でもあるが、われわれがエンベッデド・ビジョンに進出する良い機会にもなる」と意気込む。

工業用画像処理市場が小川(右下)とすれば、エンベッデド・ビジョン市場は大河(左上)だ(クリックで拡大) 出典:リンクス

 エスプロスのToF式CCDセンサーをはじめ、光源からの光を対象物に当てて戻ってくる反射光を受光するまでの時間を計測して距離情報を算出するToF式スキャナーは、3次元距離計測スキャナーを容易に開発できることから市場の急拡大が見込まれている。テクノ・システム・リサーチの調査によれば、2016年時点で世界市場規模は金額で1426億円、台数で192万台だが、2025年には金額で6478億円、台数で4168万台まで拡大する見込みだ。

ToF式スキャナーの市場規模推移 ToF式スキャナーの市場規模推移(クリックで拡大) 出典:リンクス

関連キーワード

スキャナ | 画像処理 | 3D


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.