ニュース
» 2016年10月07日 12時00分 UPDATE

FAメルマガ 編集後記:IoTには「安くて早くてうまい」が必要

いつの時代も新しい価値を切り開いてきたのは中小企業でした。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2016年10月7日発行の「FAメルマガ」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


IoTには「安くて早くてうまい」が必要

 インダストリー4.0などIoT(Internet of Things、モノのインターネット)を活用した新たな製造ビジネス変革の流れが加速する中、懸念されているのが、中小製造業のIoT対応です。

 日本の製造業が高い国際競争力を実現してきた強みの1つが、技術力が高くさまざまな得意技術を持つ中小製造業の存在です。実際にこうした企業がGDPの多くを占め、さまざまな領域で力を発揮している国は、製造業では日本とドイツくらいしかありません。このような産業の分厚さは一朝一夕にはまねできるものではなく、そういった強みがあるからこそ、製造業としてのいくつかのターニングポイントがあったにもかかわらず、高い地位を保ち続けてきたといえるでしょう※)

※)関連記事:インダストリー4.0で具体化した日独連携、競合を越えた「つながる」の価値

 しかし、こうした強みが今失われる可能性が生まれています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.