特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年10月11日 15時00分 UPDATE

人工知能:シンギュラリティは今の人工知能技術の先にはない――ガートナー

ガートナージャパンは、2017年における戦略的テクノロジートレンドのトップ10を発表。3つの傾向として「デジタルメッシュ」「どこでもインテリジェンスとなる世界」「デジタルプラットフォーム革命」を挙げている。

[三島一孝,MONOist]

 ガートナージャパンは2016年10月7日、年次ユーザーイベント「Gartner Symposium/ITXPO 2016」内で、「戦略的テクノロジートレンド」のトップ10を発表。デジタル化による産業や技術の変化を紹介した。

2017年の戦略的テクノロジートレンド

 米国Gartner(以下、ガートナー)は、企業に大きな影響を与える可能性を持ったテクノロジートレンドを「戦略的テクノロジートレンド」と呼び、毎年発表を行っている。今回は大きく分けて「デジタルメッシュ」「どこでもインテリジェンスとなる世界」「デジタルプラットフォーム革命」の3つの傾向に分かれる10個の新たなテクノロジーを紹介した。2017年の注目すべき戦略テクノロジートップ10は以下の通りである。

  • 会話型システム
  • 拡張現実(AR)と仮想現実(VR)
  • デジタルツイン
  • 高度な機械学習と人工知能(AI)
  • インテリジェントなアプリ
  • インテリジェントなモノ
  • アダプティブセキュリティアーキテクチャ
  • ブロックチェーンと分散型台帳
  • メッシュのアプリとサービスアーキテクチャ
  • デジタルテクノロジープラットフォーム
photo 戦略テクノロジートップ10 出典:ガートナージャパン

 これらの中から、製造業にも関係する幾つかの技術を紹介する。「拡張現実と仮想現実」については、現在のゲームなどの他に、疑似体験や医療セラピー、分子モデリングなど用途を大きく広げると予測する。

photo ガートナーのフェローで、リサーチ部門バイスプレジデントであるジェイミー・ポプキン氏

 「デジタルツイン」は現在、製造業向けのITシステムにおいて注目を集めている技術である。製品のIoT化によりCADソフト上のデジタルデータと実際の製品の情報を同期させることができデジタル空間上に「デジタルの双子(デジタルツイン)」を生み出すことができる。これによりシミュレーションの精度を高め、より高度な結果を現実世界にフィードバックできる。ガートナーのフェローで、リサーチ部門バイスプレジデントであるジェイミー・ポプキン(Jamie Popkin)氏は「現在は製造ITの領域で活用が進んでいるが、今後は汎用化が進みより幅広い領域で使われるようになる」と述べている。

「現在の人工知能はシンギュラリティにはつながらない」

 「高度な機械学習と人工知能(AI)」や「インテリジェントなアプリ、モノ」については、段階に応じた進化が進んでいる。AIの進化としては第一段階が目的が明確な情報処理からスタートし、複雑性に対処できるようになり、その後「理解、学習、予測、適応」などが可能となる。これらを経て「自律的な行動」を獲得するという。ポプキン氏は「個人的にはテクノロジーのサイクルは75年ごとに起きていると考えている。現在は、新たなサイクルの入り口に立っている状況である。いずれはテレビやラジオ、電話などが徐々に日常に受け入られていったように、人工知能も受け入れられるようになる」と人工知能の普及について語っている。

 人工知能といえば、シンギュラリティ(技術的特異点)を迎え、「機械が自律的に自己の進化を推し進めるようになり、人を支配するようになる」というような考え方が広く普及している。しかし、ポプキン氏は「基本的には現在の人工知能や機械学習の先にシンギュラリティはないと考えている。今の技術の延長線上にはシンギュラリティはなく、はるか先のものだ。ニューロモーフィックチップのように人間の脳を模倣するハードウェアが生まれてくれば、こうした動きも変わってくる可能性はある。ただ、実際にはシンギュラリティは当面は起こらず、人工知能も人を助け、人の機能を拡張していくものとしての役割を果たすと見ている」と述べている。

関連キーワード

人工知能 | Gartner | 機械学習


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.