ニュース
» 2016年10月12日 12時00分 UPDATE

産業用ロボット:工場内を産業用ロボットが自律的に走り回る時代に、日立が走行装置を開発

日立製作所と日立プラントメカニクスは、産業用ロボットを自律的に走行させられる自律走行装置を開発した。

[三島一孝,MONOist]

 日立製作所と日立プラントメカニクスは2016年10月11日、専用レールや移動ガイドなしで産業用ロボットを自律的に走行させられる自律走行装置「HiMoveRO(ハイモベロ)」を開発し販売を開始した。

photo 「HiMoveRO」の外観(下部)。上部はカワダロボティクス製双腕ロボット「NEXTAGE」

 「HiMoveRO」は、固定して使用することが多い産業用ロボットを自律走行させるための無人搬送車(AGV)である。産業用ロボットを自律走行させることで作業範囲を広げ、1台で複数の作業を行えるため、生産性の向上を図ることができる。また、生産現場や物流現場の頻繁なレイアウト変更にも柔軟に対応できる特徴などもある。開発には、カワダロボティクス製双腕ロボット「NEXTAGE」を搭載し、動作性能の確認を行ったという。

 「HiMoveRO」はレーザー距離センサーを搭載しており、周囲の情報を取得して電子地図を自動作成する。これにより走行ルートを設定し、専用のレールや走行ガイド、マーカーの設置などの必要がなく、自律的な走行が可能だという。設定した走行ルートと誤差が生じた場合には、電子地図とマッチングさせて自己位置を自動で認識し、補正しながら走行する。独自技術を活用し誤差±10mm以内という高い精度で目的地に停止させられるという。走行方式は二輪速度差方式で走行速度は最大で時速3.6km、通常は時速1.8km。鉛バッテリーを搭載しており手動交換による充電方式を採用している。オプションとしてクリーンルーム対応なども可能だ。

 日立製作所と日立プラントメカニクスでは、「HiMoveRO」に搭載する産業用ロボットの選定や仕様決定を含めたシステムインテグレーションから設計、調達、製造、導入、アフターサービスまでを一括で行うとしている。対象業種としては、主に医薬品、電子部品および半導体工場の生産ラインや物流施設のピッキングラインを想定している。

関連キーワード

産業用ロボット | 工場 | 物流 | 生産現場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.